P-NOTE

Simple & Healthy

投資信託の手数料がインターネットと同じIFA事業者(楽天証券)

下記は楽天証券と提携しているIFA事業者で、投資信託をインターネットと同じ手数料で取引できる事業者です。

給与所得と合算して税金還付をうたう不動産投資は資産の減少に

「節税」という効果だけを強調して不動産をセールスする手法はなくならないのでしょうか? しかも掲載場所はの「 幻冬舎 GOLD ONLINE」です。 個人的にもいつも勉強させてもらっているウェブサイトで素晴らしいと思っています。しかし、まれにこんな記事も堂…

MDRTはコンフィデンスマン??

MDRTってご存知でしょうか? 保険業界のスターのことを言うそうです。 保険の営業マンに会うと名刺にMDRTのかっこいいロゴが入っている人に出会うことがあります。「Million Dollar ...」の略だよ!と聞いたこともあり1億円以上稼いでいる人だと勝手に勘違い…

【PO:チェンジ】SBI証券 & クレディスイス証券のタッグ再び

IT・セキュリティーに関するサービスおよびソリューションを提供するチェンジが公募増資及び売出を発表しました。 引受はSBI証券とクレディスイス証券というライザップの時と同じです。特に海外募集のためにクレディスイスが採用されたわけではないのでライ…

ハイブリッド・クレジットリンク債

ハイブリッド・クレジットリンク債なるものが某大手証券会社で販売されているそうです。 名前を聞いてもよく分からないですが、正体は「パワーリバース債 + クレジットリンク債」とのことです。 こんな感じです。 要するに、信用リスクを2つと為替リスクの…

令和は顧客がアドバイザーを選べる時代に!

ウォール街のウェルスアドバイザーの独立が相次いでいるという記事です。 UBSから5.3億ドルを管理する4人のチーム バンカメから4.5億ドルを管理する5人のチーム モルガンスタンレーから60億ドルを管理するチーム 平均すると一人のバンカー約100億円の顧客資…

ソフトバンクは30%の含み益、トヨタは10%含み損??

先日ウーバーが上場を果たしました。 ソフトバンク出資時からの企業価値の推移です。 2018年1月ソフトバンク出資時 :480億ドル 2018年8月トヨタ自動車出資時 :720億ドル 公開価格(1株45ドル) :820億ドル 公開初日終値(41.57ドル) :697億ドル 13日終…

今のところ、米ドル建て社債市場に大きな動きなし

いつも目についたことを適当に書いてますが、今回はすぐに書けそうなネタが見当たらなかったことから本業で出したコメントを加工して一部抜粋するというサボりバージョンです。 米ドル建て社債をメインで運用している人でない限りまったく役に立たないです。

バンクローンは有価証券ではない

レバレッジドローンとは、主に投資適格未満の信用力が低い企業に対して行われるローンのことをいいます。「バンクローン」とも呼ばれ日本の個人投資家もかなり保有していると思われます。 バンクローンは以前は銀行が保有しているローンを転売して、リスクを…

ウーバーやリフトを参照したEB債が流行るかも??

某外資系PBの営業方針の変化 12月決算の某外資系銀行の営業は1月から新しい期がスタートします。 経営陣は1-3月はファンドの積み上げを重視する傾向があります。なぜなら、早めに販売するとその期に獲得できる信託報酬が多くなるからです。一方で営業は、…

【続報】オデブレヒト2025

以前オデブレヒト債のデフォルト可能性について書きました。 まだ30日経過していないので結果はどうなるか分かりませんが、途中経過として別の満期の債券の価格の動きをご紹介します。 下記は2025年償還債です。 価格は@16~@18くらいでしょうか? Odebrec…

【債券 VS MMF】トルコリラ

HS証券で新発のトルコリラ建て社債があります。 期間3年、利回り20%固定です。3年間持ち続けるのであればトルコリラベースでの損失はありません。発行体も欧州復興開発銀行で破綻リスクは限りなくゼロに近いと思います。 一方で日々変動しますが、トルコリ…

ソフトバンクグループ企業への投資を考える

ソフトバンクグループはもはやバークシャー・ハサウェイに近い会社になっています。 バークシャーは保険事業から発生する安定したキャッシャフローをベースにして投資を拡大していく投資会社です。 同じようにソフトバンクグループは通信事業から発生する安…

トルコリラ投資のリカバリーアイデア

ほとんどのトルコリラ債券ファンドはトルコ国債を組み入れていると思います。それらは年限にもよりますがおよそ22%程度かなと思います。 リカバリーアイデアと言えるか分かりませんが、トルコの大手銀行ガランティ銀行の債券をご紹介します。 ・表面金利 11…

米ドル建ての調達市場の厚み

M&Aに絡んで大型起債が続いています。2兆円以上の発行は日本では考えられないですね、、円債でこれだけの資金を一発で集めるのは不可能ではないでしょうか?やはり米ドル建て社債市場の厚みは半端ではないと思います。 これだけのボリュームがあれば以前から…