P-NOTE

Simple & Healthy

2019-03-10から1日間の記事一覧

欧州銀行の苦境は続く?

欧州銀行はグローバルに見て米国銀行にぼろ負けで収益的に厳しい状況が続いています。代表格としてドイツ銀行の問題は今も大きく残っています。少し前までクレディスイスも厳しそうでしたが既に赤字からは脱却しているように見えます。一方でイタリア勢はま…

米国のETFのコストはどこまで下がるの?

ETFの信託報酬の引き下げ競争まだ続いてました。。。今回引き下げへバンガードが届け出ているのが下記の3つのETFです。 バンガード・トータル・ボンド・マーケットETF(BND):0.04% バンガード・S&P500ETF(VOO):0.03% バンガード・トータル・…

大手PBは本業放棄??

最近ちょっと面白い話を聞きました。 外資系PBはここ数年ラグジュアリーなイベントに招待して取引をしてもらうという流れを鮮明にしています。マーケティングの戦略についてあれこれ言うつもりはありません。 ですが、さらにそこから進んで社内では「他のこ…

NYダウはボーイングと運命共同体?

ボーイングの株価が上昇し、先週末で422.54ドルになっています。構成比率を計算してみるとボーイングが11.26%を占めます。反対にファイザーは1.09%しかありません。 これはNYダウの計算方法が単純平均であることから単純に1株の取引株価が大きい銘柄の影響…

オーストラリアネームのCoco債って流行ってる?

少し前の記事ですが、豪州の不動産市況のネガティブな記事が出てました。ちょくちょく豪州の銀行のインターバンクの調達コストが上がっているというニュースを見るのでそれとも絡んでるかもしれません。 ちなみに下記が4大銀行です。 ナショナル・オーストラ…

1ドル60円予想・・・

衝撃的なヘッドラインですね。 といっても内容は次の危機(どんな危機とも言ってません)が起きたらドル円は60円までいくんじゃない?というくらいの内容です。 可能性の議論としては面白いのですが、ではどのように投資を組み立てようか?と考える上ではほと…

NVIDIA株から考えるアドバイザーの傾向

2016年12月以前にエヌビディアという会社を知っていた方はどのくらいいるでしょうか? 恥ずかしながら証券会社に勤めていた当時私はまったく知りませんでした。ソフトバンクが取得したというニュースで初めて知りました。そしてほとんどの周りの営業が同じで…

アクティブ運用の復権??

今年はここまでアクティブファンドのパフォーマンスがいいようです。これまでインデックスに投資しておけばそれで十分との風潮が強かったですが、指数が一本調子で上昇するような状況でなければいい時期もあるようです。 アドバイザーの皆さんとしても、単に…

シニアローン(バンクローン)

米国の金利上昇が意識されてきたここ数年とても流行りました。個人投資家にも投資信託(ETFもありますが投資信託しか勧められてないと思います)を通じて相当規模が販売されたと思います。 セールストークは、「変動金利なので金利上昇に強い」&「担保付な…

個人投資家と機関投資家の運用の違い

本社から専門の人間を連れてきました!というような経験をされたことはありませんか? それが単にセールスがうまい人なら問題外なのでここでは取り上げませんが、知識が豊富で専門的な話に関心させられるような人がいます。結果としてそのまま取引してしまう…

節税保険がなくなる?

ついに金融庁&国税庁の堪忍袋の緒が切れちゃいましたね。ここまでよく我慢してくれたという方が正しいかもしれません。 保険業界についてまったく詳しくないですが、法人向けの節税保険は金額が大きいことからかなりの利益を出していたと想像できます。「節…

「知らないのもの」=「リスクが高い」?

単なる(悪意はないのに罪である)セールスからきちんと価値を提供できるアドバイザーになるために意識すべきであると思っていることを書きたいと思います。 人間は知っているものはリスクが低く、知らないものはリスクが高いと感じます。 例えば、大きなとこ…