P-NOTE

Simple & Healthy

【金融商品の練習】この2つの商品ならどちらを選択しますか?

f:id:JDs:20190606165540j:plain

 金融の仕組みについて考えるいい題材が見つかったので一緒に考えて頂けると嬉しいです。

下記は同じ日の楽天証券のウェブサイトで紹介されている南アフリカランド建ての投資商品です。
左が債券、右がMMFです。

f:id:JDs:20190606165415p:plain

これを見たときに皆さんはどちらに投資しようと思いますか?

            ↓↓↓

            ↓↓↓

個人的にはMMFを選択します。
もちろん投資の判断は人それぞれなのでどちらが正解というのはありません。

但し、その結論を導くまでの過程は投資商品選択を考えるにあたって重要なので練習問題だと思って読んで頂ければと思います。

金利の見通しは?

今回は南アフリカランド建てというのは同じですし、債券の発行体が国際金融公社という世界銀行傘下の銀行で信用リスクはないと考えていいと思います。
またMMFも流動性管理ツールなのでこちらも信用リスクはないとみなして問題ないでしょう。

となると、大きく異なる点は利回りだけと言っていいでしょう。

債券は買った時点で利回りが確定します。
上記の債券でいうと満期まで保有すれば6.29%の利回りが確定します。

一方でMMFは毎日変動します。
今日の数字は6.314%と少しだけ高くなっていますが、日々変動するので明日は逆転している可能性もあります。

つまり、利回りを固定するか変動にするかという選択になります。

  • 金利が上昇する見通し → 変動のMMFを選択
  • 金利が下落する見通し → 利回りを固定するために債券を選択

まとめると、上記のように今後の金利の見通しをどうみるかによって選択する商品が変わることになります。

<注意点>

ちなみに、上記の債券は10,000南アフリカランド(約7万円)から買えますが、こういう小口で売られている商品は流動性を証券会社が作っています。

つまり、買うときもそうですが、売るときも証券会社の言い値ということになります。そのためマーケットからかなり乖離したプライス提示をされることが通常ですので、途中売却は相当金利の下落が起きないかぎり買値より上で売却することは難しいと考えた方がいいと思います。

 

 おまけ

私がMMFを選択した理由は、仮に金利が下落すると仮定しても3年7カ月だけ固めてもあまり変わらないのでMMFで十分だと考えたからです。

金利の下落を想定するならもっと長い10年くらいの債券に固定します。
その辺まで伸ばすと同じ発行体でも7.7%程度の利回りのものが見つけられます。

楽天証券からのオファーはありませんが、証券会社の担当者に依頼すれば見つけてくれると思います。

債券を探すときは流動性を意識してマーケットから調達してもらうことが重要ですので、100万南アフリカランド(約700万円)以上の金額でオファーすることをおすすめします。

ちょっとずるい回答になってしまってすいません。

あくまで金融商品を選択するときの頭の体操という意味で取り上げましたのでご理解頂ければと思います。

 

最後に今回は債券とMMFを同時に見て頂きましたが、証券会社の営業が提案時に両方教えてくれるとは限りませんので、外貨の取引をするときはいつもMMFの利回りをご自身でチェックすることを忘れないようにしてください。

そうすることでMMFより不利な商品を押し付けられるリスクはなくなります。