P-NOTE

Simple & Healthy

あい・パワーファンド買ってみました!

 

f:id:JDs:20190711134319j:plain

www.sevenclover.co

あい・パワーファンド

以前ご紹介した為替取引の歪みをリターンの源泉としている「あい・パワーファンド」買ってみました。

目的は基準価格の推移を見るためです。
基準価格を観察するだけならモーニングスターで見てれば分かりますが、ポジションを持たずに見ていても本気度が低くなってしまうので気になった投資信託は少しポジションを持つことにしています。

基本的には現物株式・現物債券というスタンスなんですが、

  • 自分ではできない運用であること
  • チャートの形状がどのインデックスと異なっているまたは異なった形になる可能性があるもの

については投資信託であっても検討するようにしています。

買ってはいけない投資信託の筆頭?

この投資信託は信託報酬が年率4%以上というコストの高いファンドなので世の中の投資信託に詳しい方からすると絶対に購入してはいけない投資信託の1つだと思います。

しかし、コストをしっかりペイしてインデックスとは違う質のリターンを提供してくれるのであれば保有する価値はあると思います。

果たして想定しているようなリターンが出るかしばらく様子を見ていこうと思います。

このファンドの運用のポイントは裁定機会をシステムで捉えるということなので相場の上下で負けることはないはずです。
となると、しっかりと狙い通り裁定機会を捉えてコストを上回るリターンが出るかどうかを見ることになります。

取引方針

出口としては2カ月連続でマイナスになったら損切します。
そうならない限り保有を継続したいと思います。

約定した基準価格は10,056円(7/8)です。

解約時に1%の信託財産留保額がかかるので仮にこれを見て購入を検討される方がいらっしゃいましたらその点は気をつけて下さい。

また購入時の手数料はネット経由ならゼロです。
IFAを通す場合はどのIFA業者かによって異なります。

どの業者が安いかは下記の記事をご参照下さい。 

www.sevenclover.co

ちなみに説明のためには買付手数料が必要という業者もあるかもしれませんが、IFA業者は信託報酬の一部を受け取れる契約になっていますので、買付手数料を払わなくてもその業者経由で預ければ業者にも一部手数料が落ちるシステムになっています。

ですので手数料ゼロの業者に問い合わせをして遠慮なくいろいろ質問してみることをオススメします。