P-NOTE

Simple & Healthy

トルコリラのポジションを維持するならMMFに切り替えるのがオススメ

トルコリラの下落が続いています。今朝もイスタンブール市長選のやり直し決定を受けて大きく下落しています。

「こんな政治が不安定でインフレ率が高い国に投資してはだめ」という話はいろんなところでされているし、正直結果論のようにも思えるのでここではしたくないです(そもそも一時は人口動態的に買いという論調が多かったと思いますし・・)。

現実として日本の投資家はトルコリラを相当保有していると思います。日本人がトルコリラ好きというよりは証券会社が煽ったというのが実態と考えています。金利が高くて日本人好みというのは間違いないと思いますが・・

さて皆さんそのトルコリラ投資ですが、どのような形でポジションを取っていますか?

投資信託(トルコリラ債券ファンドとかトルコリラコースなど)か現物債券という方が多いのではないでしょうか?

結論から言うとトルコリラに投資を継続しておきたいのであればMMFに切り替えることをお勧めします。

  1. 政情不安の解消は時間がかかりそうである
  2. 同様にトルコリラの下落も続きそうである
  3. 通貨防衛のために金利の引き上げの可能性がまだある
  4. 3の理由から債券価格は下落しやすい
  5. MMFは外貨ベースで評価が下がらないこと
  6. MMFの利回りは20%程度と高く、金利の上昇をそのまま反映すること
  7. MMFは毎月複利のため複利効果があること

上記の理由からトルコリラ投資を続けるのであればMMFにしておく方がよいと思います。

目安としては今のところはイールドカーブが正常化するまでというイメージです。というと難しく聞こえますが、期間が長くなるほど金利が高くなる状態です。参考までに下記はトルコの金利の状況です。

  • 1年:23.44%
  • 2年:21.99%
  • 3年:22.75%
  • 5年:21.16%
  • 10年:18.81%

トルコ 国債利回り

 

jp.reuters.com