P-NOTE

Simple & Healthy

ハイブリッド・クレジットリンク債

ハイブリッド・クレジットリンク債なるものが某大手証券会社で販売されているそうです。

名前を聞いてもよく分からないですが、正体は「パワーリバース債 + クレジットリンク債」とのことです。

こんな感じです。

f:id:JDs:20190516152624p:plain

要するに、信用リスクを2つと為替リスクの合計3つのリスクを取って金利を引き上げようというものです。

為替が円安方向に読むのであればとてもいい商品だと思います。

一方で円高になると金利が減っていきます。

f:id:JDs:20190516161300p:plain
こんなイメージです。

それなりに円高になっても金利立ちますね。

91円まで円高になると金利がなくなります。

元本確保ですのでそれなりにいい商品のように見えます。

 

ちなみに国内海運企業、、、たぶん川崎汽船のリスクを取れるのであれば単なるクレジットリンク債で期間5年で1.2~1.4%くらいの条件は出そうな気がします。

為替リスクを直接取れない投資家にとっては円安をリターンに変えるという意味でいい商品なのかもしれません。

普通にパワーリバース債だと30年の期間が多いことを考えると10年なら最悪満期まで待てるということだと思います。

 

証券会社もいろいろ考えますね・・・いろんなリスクをくっつけるのは見た目をよくするためのよくする方法です。こういうのが流行り始めるとなぜか良くない方向にいくことが多いので皆さんのところにこの提案があったら円高ですね(笑)