P-NOTE

Simple & Healthy

外資系PBより、マッチングの提案

f:id:JDs:20190712144545j:plain

為替をヘッジしながら債券に投資する

ヘッジ付き外債

よく生命保険会社がヘッジ付き外債を購入しているという記事を見かけます。

例えば米国債を買うけど、ドル円の為替をヘッジしているというものです。そうすると為替のリスクがなく米国債を保有することができますが、為替をヘッジするためのコストを払う必要があります。

理論的には為替をヘッジすると自国通貨建ての債券を買うことと同じリターンになりますが、マーケットはそんなにきれいになっていないことから実際にはリターンの機会は存在します。

そうでなければこのような商品が世に出ることはないでしょう。

しかし、個人投資家には現物債券を為替ヘッジして保有できるようなサービスを提供している証券会社はありません。
同じような効果を得られる方法として、投資通貨と同じ通貨を借り入れるという方法が外資系PBから提供されています。

調達と運用の通貨のマッチング

例えば米ドルを借り入れて米ドル建ての債券で運用したり、ユーロで借り入れてユーロ建ての債券で運用するといった感じです。

そうすることで元本部分の為替リスクはなくなります。

米ドルの短期の借入金利は3%くらいのようなので、5%の債券を買えば税引き後で4%になるので1%の金利差がリターンとして発生します。

このとき注意が必要なのは個人で運用すると、借入の支払い金利は費用として税金上考慮されません。
そして金利に対する源泉徴収が強制的に発生する以上それを考慮してもリターンが出るような債券を選ぶ必要があります。

上記の例で仮に4%の債券を選ぶと手取りが3.2%となりほとんど手元に残らないことになります。

直近では某外資系PBがユーロで調達してユーロで運用するというアイデアを提案しているという話を聞きました。

ユーロは金利が低いことから調達コストが低く抑えられることがセールストークの1つでした。
しかし、金利が低いということは運用の金利も低いことになります。それを補うにはクレジットリスクを取る必要があることから同時に提案される債券は必然的に最近ネガティブニュースの多いドイツ銀行のCoco債だったようです。

ユーロ建ての債券の種類は米ドル建ての債券と比較して圧倒的に選択肢が少ないです。

ドイツ銀行の破綻懸念について

ドイツ銀行についてはネット上では破綻すると煽っている人が多いですが、個人的には破綻のリスクはかなり低いと思います。

デリバティブの総額は巨大な数字(7500兆円とか?)というのが上記の破綻論者の理由付けになっていますが、グロスの数字を使っていてネット(反対向きのポジションを相殺した後)の数字ではそのような数字にはならないはずです。

仮に数千兆円なんていうオープンなポジションを持っていたら時価の変動による担保の不足分だけで破綻していると思います。

ドイツ銀行のCoco債に関しては利払いが配当可能利益の範囲に限定されていたことから利払いのスキップは心配していましたが、下記の記事によるとその懸念はほとんどなくなったようです。

ドイツ銀、リストラ巨額損失でもAT1債利払い可能-EU規則変更で - Bloomberg

ちなみにリーマンブラザーズの破綻と同じような説明をしている例もありますが、リーマンの場合はサブプライムローンが返済されなかったことから、それを元に証券化した商品がパーになったことが根本原因です。

ドイツ銀行の場合は評価が下落しているものはもちろんありますが、資産として消し飛んだものはありません。
但し、評価が下落した荷物が多すぎることは事実でしょう。
その荷物をどう処分するかということが喫緊の課題になっているだけです。

現在は投資銀行はどこも厳しい状況です。
勝ち組のゴールドマンサックスでさえ、オンライン融資のマーカスを買収したり、アップルとクレジットカードを始めたりと路線変更を模索しています。

さらに日本でPB業務を始めるという噂まで出ています。(本当かどうかわかりませんが・・)

ドイツ銀行の問題は、投資銀行ビジネスが難しくなってきた中で次の収益モデルを見つけられないということにあります。
荷物を降ろして資本コストを下げて収益性の高い銀行に戻れるかそれこそがドイツ銀行の問題点です。

いますぐに破綻を議論するのは行き過ぎなように感じます。