P-NOTE

Simple & Healthy

円定期スペシャルレート(ANZ)

f:id:JDs:20190529142723j:plain

 円定期:3か月・1.1%

3カ月のぶっとんだレートの円定期預金のご紹介です。

なんと金利1.1%!

但し、初回の新規資金のみという完全な客引き商品です。3か月後は0.05%になります。

初回の3カ月だけのために労力を使うのはつらいので今後もオーストラリア・ニュージーランド銀行と取引をするかどうかが重要です。

 

 

銀行なので運用商品は3つです。

  1. 定期預金(円・外貨)
  2. 仕組預金
  3. 投資信託

円の定期預金は上記の通りです。

 

外貨の定期預金も特別金利あり

f:id:JDs:20190529133345p:plain

 

3通貨一緒というのは変な感じですが、1カ月物は魅力的なレートです。
一方で1年はAUD/NZDはいいですが、USDは全然だめです。これならMMFで十分です。

ちなみに円から預けるともっといいレートになっています。

f:id:JDs:20190529133707p:plain

 

 2カ月で8%、7%・・・これだけ見るとめちゃくちゃいいです。
問題は為替手数料です。

こうなってます ↓↓↓

 

f:id:JDs:20190529133924p:plain

 

 

最悪です。いまだにこんな手数料設定している銀行があったとは・・・しかもAUDとNZDは円に戻すときには外貨に替えるときよりさらに高い手数料に・・・

ちなみに今これを書いているときに為替をベースにすると外貨に替える際の手数料率と2カ月定期の受取金利は下記のようになります。

f:id:JDs:20190529140513p:plain

  • 手数料率が1%以上になっていてありえないです。。
  • 2カ月の定期預金なので実際に受け取れるのは見た目の金利の6分の1です。
  • 実際の受取金利と為替手数料はほぼ同じになっています。マーケット金利は米ドルの方が高いのに米ドルの定期預金金利が7%と逆に低い金利に設定されている理由が分かりますね、、(手数料=金利)
  • これで円に替えるときに為替手数料を払ったら単純に赤字です。どこかのネットバンクで外貨を取得してそのまま置いておいた方がはるかにマシです。

 

仕組預金

以前ウェルス・ガーディアンというIFA法人をご紹介したときに仕組み預金について書きましたので詳しくはそちらをご覧頂ければと思います。

仕組み預金そのものは目的をもってうまく使うと便利です。
必ず弱い通貨に変わるのでずっと続けていくと理論的に負けてしまいますのでご注意下さい。

また為替の手数料設定を見ると相当手数料をぼったくる印象ですので、仕組預金にもかなりの手数料が入っていると想像します。
この点は証券会社がアレンジする仕組債と同じです。

 

投資信託

ほとんど何もありません・・・コメントするに値しないです。
直接ご覧ください。
http://www.anz.co.jp/personal/mutualfunds/lineup/

 

まとめ

運用という点で利用する価値はほとんどありません。
なので口座開設および送金の手間を惜しまないという方で1度だけ円の定期預金を利用するというのであれば利用価値はありますが、それだけです。

1,000万円以上お持ちの方ならこの手続きにかける時間を他にかけるほうが費用対効果がいいと思います。