P-NOTE

Simple & Healthy

投資信託の手数料がインターネットと同じIFA事業者(楽天証券)

【最新版】本当にお金が増える投資信託は、この10本です。

 

下記は楽天証券と提携しているIFA事業者で、投資信託をインターネットと同じ手数料で取引できる事業者です。

  • GAIA株式会社
  • 株式会社Fan
  • サステイナブル・パートナー株式会社
  • マイウェルスマネジメント株式会社
  • Malolo Partners Japan 株式会社
  • FP ブレーン株式会社
  • 東京海上日動あんしんコンサルティング株式会社
  • 株式会社住まいと保険と資産管理
  • 株式会社FPフローリスト
  • 株式会社アエルワールド
  • 山一ウェルス・エンゲージメント株式会社
  • アンテ・リシェス株式会社
  • ジェニユイン・パートナーズ株式会社
  • 株式会社LOSAフィナンシャルサービス
  • 株式会社クレア・ライフ・パートナーズ
  • リーファス株式会社
  • 株式会社ルミエール
  • 株式会社M&Tファミリーオフィスサービス
  • 有限会社ライフドアーズ

 

言い換えると、上記以外の業者は手数料を3%とかいまだに取っている業者ということができます。

楽天証券のウェブサイトに掲載がないIFA事業者でも投資信託の手数料をインターネットと同じにしているところはあると思いますので、あくまでご参考まで。

SBI証券はこのような情報を公開していないので分かりません。

ちなみに私の周りには手数料をインターネットと同じにしているSBI証券提携のIFA事業者はありません。

何でも手数料が安ければいいということはありませんが、同じものを買うなら確実に手数料を払わなくていいところで買った方がいいというのが自然な考え方だと思います。

というかそもそもきちんとしたアドバイスをしてくれる業者であれば同じものが安く買える方法を教えてくれるはずです。それでもなお顧客として担当者に手数料を払うべきと考えるのであればとてもよい関係で、それこそ理想的な関係だと思います。

 

ちなみにGAIAは昔は業界的にランニングコストが相対的に安かった自社のラップに誘導されるのがオチなので、投資信託を本気で検討したい方にはオススメできません。

そのラップ口座も今は他のラップと比べてコストは割高になっているのでもはや検討するのもどうかと・・・圧倒的にコスト構造がシンプルな外資系PBの一任の方がはるかに安いと思います。