P-NOTE

Simple & Healthy

シニアローン(バンクローン)

米国の金利上昇が意識されてきたここ数年とても流行りました。個人投資家にも投資信託ETFもありますが投資信託しか勧められてないと思います)を通じて相当規模が販売されたと思います。

セールストークは、「変動金利なので金利上昇に強い」&「担保付なので安全」といったところでしょうか?

①「変動金利なので金利上昇に強い」という点に関して、米国の金利上昇に関しては少し前と状況が変わってきました。

②さらに「担保付なので安心」という点に関して、組み入れ銘柄の格付けご存知ですか? クレディ・スイスが出しているインデックスが1500銘柄で多くのファンドの保有銘柄は200以上です。その格付けでそんなに多くの銘柄に投資したら少しくらい破綻しそうでは??という感覚は自然な気がするので安全性に不安を覚えてもいいと思いますが、、、

(実際には毎年一定の確率で破綻が起きています。なので5%の平均金利なら1銘柄の構成比率がそれより低くなるように銘柄に分散して、インカムと破綻企業の損失との差をリターンに変えているというのが個人的な認識です。余談でした、、投資コンセプトなどは皆さんのアドバイザーにご確認下さい。)

保有者はこの機会に状況を確認し、現在のマーケットに合っているかどうか確認してみてはいかがでしょうか?アドバイザーにとってもポジション見直し提案のいいきっかけになるのではないかと思います。