P-NOTE

Simple & Healthy

NVIDIA株から考えるアドバイザーの傾向

2016年12月以前にエヌビディアという会社を知っていた方はどのくらいいるでしょうか?

恥ずかしながら証券会社に勤めていた当時私はまったく知りませんでした。ソフトバンクが取得したというニュースで初めて知りました。そしてほとんどの周りの営業が同じでした。社内の投資カウンセラーと言われる人も含めて・・・

しかし、その直後NVIDIAの株式の発注が突然多くなり、その後NVIDIA株式を参照したEB債が爆発的に売れ始めました。セールストークはもちろん「ソフトバンク(孫正義氏)が巨額投資をしたあの会社だからOK」みたいな感じです。

では株価はと・・・ソフトバンクの決算資料から数字を借りますと、

いかがですか?ソフトバンクは自分で投資判断をしているためヘッジしたり売却したりマーケットの動きに合わせて動いています。

しかし、単にソフトバンクが動いたことを理由に投資をした人たちはどうでしょうか?株式なら売却しましたか?仕組債の方はどうですか?既に高値から半値になっています。金利はほとんどない、元本も割れている・・・という状況ではないでしょうか?担当者からは何か話はありましたか?

NVIDIAへの投資そのもにについて何か言いたいわけではありません。流行りに乗って売りやすいものを売っているセールスと取引していることを認識した方が良いのでは?と言いたいのです。

投資は継続していくものですので、どのようなスタンスで長く投資をしていくべきか?どのようなアドバイザーに投資をすべきかを考えるきっかけとしてこのタイミングを活用してみてはいかがでしょうか?

 

www.itmedia.co.jp