P-NOTE

Simple & Healthy

ソフトバンクGの投資先の損失が10倍超に拡大

ソフトバンクGが出資している仮想現実の新興企業の損失が490万ポンドから5,070万ポンド拡大。ここだけ見るとベンチャー投資ではよくあることのように見える。なぜならベンチャー企業は投資が先行し売上は後からついてくるという流れになっていることを前提にしているからである。

しかし、今回はちょっと様子が違うようである。というのも赤字拡大の原因が売上高の急減にあるとの内容。なんと前年の780万ポンドから57万9859ポンドになっているとか・・

ただソフトバンクの5億ドルなど出資などのおかげで2億5000万ドル以上の現金があるようで倒産のリスクはないとか。

こういう投資は市場でプライシングされないためソフトバンクの決算にはすぐには反映されません。突然の減損のリスクもあるのでそのことは認識しておく必要があると思います。

ちょっとネガティブ?な内容で書いてしまいましたが、個人的には孫正義さん大好きです。すごい将来を思い描いて投資を続けているのだと思います。能力的に全然至らないのでどんな将来を想像しているのか見えませんが、自分自身も想像力を最大限使って物事を考えて行動できたらと思っています。

いつも同じことを書いてしまいますが、やはり大事なのは自分の頭で考えることですね。アドバイザーの皆さん金融のプロとしてしっかり考えて面白くて実のあるアイデアをお客様に届けることが差別化の最大の武器になると思います。

このブログで少しでもお役に立てればと思って書き続けたいと思います。

 

 

www.bloomberg.co.jp