P-NOTE

Simple & Healthy

<重要>投資信託とETFは両方検討すべき

ある日のモーニングスターの閲覧ランキングのトップが「フィディリティ・USリート(H無)」でした。一時期毎月分配型に対する風当たりが強くなって証券会社の姿勢も変わったはずなのに相変わらず人気があるんだと驚きました。

毎月分配についてはこれまでいろんなところで散々語られているので他に譲りたいと思います。ここでは以前もお話した「海外ものに投資するならその国の通貨を買ってから対象資産を買付しよう」という話を再度したいと思います。

この投資信託の基準価格は、米国REITと米ドルの上昇が両方実現するときにきちんとしたリターンが得られます。もちろん片方の下落がもう片方の上昇より小さければ基準価格は上昇しますが、見方を変えると片方の下落はパフォーマンスを押し下げる要因になります。これは米国リートと米ドルを両方同時に決済することを強制されていることから起きます。

それであれば分けて決済できる状態で投資をする方が良くないですか?

つまり、米ドルを買って、米国リートを買う。やることはこれだけです。

下に米国に上場されている米国リートに投資するETFです。米ドルを買い付けてこれを買えば経済効果はこの投資信託と同じです。

一度担当者の方と一緒にどちらの方が良いか検討してみてはいかがでしょうか?というか両方の選択肢を用意してくれない担当者はただのセールスの可能性が高いので注意が必要かもしれません。

投資信託を勧められたら、「同じ効果のETFない?」とぜひ聞いてみて下さい。

 

www.morningstar.co.jp

www.bloomberg.co.jp