P-NOTE

Simple & Healthy

元本確保型投資信託

元本確保型の投資信託が人気のようです。

この投資信託の投資先はゴールドマン・サックスが発行する債券になっており、10年後にその債券が満期を迎えそれが投資家に戻される形になっています。そのためゴールドマン・サックスが破綻しない限り元本がきちんと確保できる仕組みになっていると思います。

加えてその債券はゴールドマン・サックスが運用するマルチ戦略の運用成績によってパフォーマンスクーポンが出る形になっており、それが投資家にとってのリターンの源泉になっています。そしてその期待リターンは年率2.4%程度のようです。元本確保なら十分過ぎる期待リターンだと思います。もちろん確定ではありませんが。

となると、最悪10年間保有すると元本が戻ってくるので10年間持ち切りの覚悟で投資を行いパフォーマンスの向上を期待するという戦略は十分合理的であると思います。

さらに付け加えるとこの手の戦略はほとんどバックテストの結果良いとされた戦略で運用しているので長く保有するとその戦略が市場に合わなくなる可能性が高くなっていきます。そのため利益が乗った段階で売却していくことは重要だと思います。1年持って2%程度のリターンなら売却して次を考えるのもいいと思います。そのくらいバックテストによって作られた投資戦略は脆弱です。一度その仕組みがワークしなくなると再度価格が戻ってくる可能性は著しく低いです。

ちなみに解約時に信託財産留保額が0.3%あるのでご注意下さい。

 

www.moneypost.jp