P-NOTE

Simple & Healthy

【債券投資】元本保証の投資術

風呂内亜矢さんというファイナンシャルプランナーの方が乱暴ですがちょっと面白いコメントをコラムの中でしていたのでシェアしたいと思います。

社債の購入を検討する場合、発行元企業の健全性が注目されることが多い。ですが、そもそも、社債を発行できるだけの体力があるという時点で、その企業の破綻リスクは限りなくゼロと考えていいのではないでしょうか」

社債発行できるくらいの企業なら破綻リスクは限りなく低いよ!と言っています。確かに日本の債券での調達市場は発行銘柄数でみると株式市場よりも小さいです。

少し前のデータですが、上場企業は約3500ですが、社債発行企業は640ほどになっています。これは株式を上場していても必ずしも公募社債市場で資金調達できるわけではないということを意味します。そういう意味では社債を発行している企業の破綻リスクは株式を上場している企業の破綻リスクよりも低いと言えそうです。

ちなみに過去にはJALとかエルピーダメモリとか社債がデフォルトした事例はありますので注意が必要なことに変わりはないということを付け加えておきたいと思います。

 

www.moneypost.jp

www.furouchi.com