P-NOTE

Simple & Healthy

ジョホールバルの教育&不動産事情

先日マレーシアへの教育移住について話を聞く機会がありました。実際に移住してこどもを現地のスクールに通わせている方々の話だったのでとても興味深い話が聞けました。

マレーシアで教育を受けさせる最大の理由は「多様性を身に着けるため」とのことでした。教育カリキュラムそのものは大学に入るまでには日本の高校2年生までの分野を勉強し、日本の高校3年生で学ぶことは大学で学ぶというものになっており、中学や高校で日本の教育に戻すと少し遅れている感じになるそうです。また日本の高校受験では帰国子女枠はとても限られており英語対応になっていないところが多いそうです。一方で大学では帰国子女枠の受験はある程度整っていることから日本の教育に戻す現実的な選択は大学からになるという感じの話でした。

なぜ日本の教育に戻す人が一定数いるのかという質問があったところ、「英語を話すネイティブとしてネイティブと競争するのは難しく、日本人としてのアイデンティティを身に着けた上で英語教育がされているという状態でないと日本人が戦っていくのは難しい」との回答でした。何か考えさせられますね、、、日本はだめかな??と思って海外に出ることを考える方が多いと思いますが、一方で日本人としての日本人らしさも重要であくまで土台はそれであるべきということだと思いますので、その点も踏まえると教育の仕方もまた1つ悩んでしまいそうです。

少しだけ不動産事情について触れられていました。不動産はかなり高いそうでキャピタルゲインを狙うのはもう難しいのでは?と言っていました。しかしながら、100㎡のマンションが3,000万円程度で購入可能との話で、日本より安く日本より良い家に住めるそうです。